お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

経営理念経営理念

経営理念

経営活動を通じ、社会に「美」と「健康」と「安全」をもって快適さを提供し、存在価値ある企業の実現を目指す。

時代のニーズを先取りした製品とサービスを通じて社会に貢献し続けます。

攝津製油株式会社は1889年(明治22年)の創業以来、128年間の歩みのなかで、日清オイリオグループ株式会社のグループ会社として、時代のニーズを先取りした製品とサービスを通じて社会に貢献し続けております。

2017年5月1日より日清オイリオグループ株式会社の完全子会社となり、“新生 攝津製油”として、成長・発展し続ける未来志向型の会社をめざし、新たな歩みを始めております。

新生 攝津製油は、「食の環境をキレイにする」を使命として掲げ、日清オイリオグループとの連携により、販売面および技術開発面でのさらなる強化をはかり、疫学的知見をベースとした洗浄・衛生管理技術等のご提供を通じて、“食の安全・安心”に積極的に貢献してまいります。
また、長年に渡り培ってきた独自の油脂技術を活かし、世の中の健康志向が高まるなか、他社にない差別化された有機油脂やプレミアムオイル等の独自ブランド製品を開発し、ご提供してまいります。

これらの企業活動の基盤として、生産技術力や品質保証体制の強化はもとより、コンプライアンス体制やリスク管理体制のさらなる整備を進めてまいります。

攝津製油株式会社は伝統と信頼のもと、創業150年、200年と続く企業をめざし、社会における存在価値をますます高めるよう、全社一丸となって邁進してまいります。

攝津製油株式会社
代表取締役社長
大前 敏和